<<07  2017,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノスタルジー旅日記♪・・・3
今日も昨日に引き続き、30数年前に行った私の初めての一人旅日記を書き綴ります。

お時間のある方は、どうぞごゆっくり・・・タイムスリップの旅へ・・・

今日初めて読まれる方は、こちらからどうぞ!

   ノスタルジー旅日記♪・・・1

   ノスタルジー旅日記♪・・・2




2月9日(火) AM7:53  曇り


7:30頃、目が覚めた。

これから買い置きのパンとジュースを朝食にして、朝市に出かける。

今にも雪が降りそうだ。

近くのビルや電線に大きな鳥が寒そうにとまっている。

いつまで経っても動こうともしない。

鷲かな? 鷹かな?

時おり、ヒューロロロと

とんびか何かが飛んでいく。

静かだ。




初めての一人旅

AM 10:32


10:29発、能登路8号に乗った。

なかなか良い天気になってきた。


朝市では、朝市おばあちゃん人形を買った。(600円)

どの店でも、「コレ、350円を300円に負けとく!」

なんて言って、随分買わせ上手のおばあちゃんばかりだ。


朝市を抜けて海岸に出た。

砂浜じゃなくて雪浜をざくざくと歩いた。

気持ちよい!

犬が2匹、雪の上をじゃれあいながら走っていた。

輪島では、犬は放し飼いなのかな。

打ち寄せる波の前で遊ぶ犬やカラス・・・。

なんて、しあわせなんだろう。



輪島駅前の小さなコーヒーショップ「蘭豆」に入って、コーヒーを飲んだ。

白いカップがかわいらしかった。

窓の外は、またまた真っ白な雪景色。

やっぱり雪っていいなぁ。

ずっと雪ばかり見ているのに、ちっとも見飽きない。

「雪化粧」っていうけど、本当にすべてが化粧をしているみたいだ。

ふかふかのマシュマロのような雪。

あの上に寝っ転がりたいなぁ・・・。


輪島の人って、心が広いんじゃないかなぁ・・・。

あんな雄大な海を毎日見てたら、セコセコなんて

出来ないような気がする。



初めての一人旅



窓の外はずっとあての木(あすなろ)の林が続いている。

早くも穴水到着である。

輪島・穴水間、約30分。





PM4:35    ローレンスにて(金沢、香林坊)


武蔵が辻から武家屋敷、そしてここローレンスまで随分歩いたような気がする。

金沢の街がわかりにくいのか、それとも私の方向音痴のせいか。

その疲れも、小鳥のさえずりを聞きながら深々とした椅子に座って

大きなカップに入ったコーヒーを飲んでいると

心地良い疲れに変わってくるようだ。


「五木寛之氏の座った椅子」の隣の椅子に座り、

これまでお店に来た有名人(いしだあゆみ、細川俊之、上条恒彦、その他大勢)の

写真を見せて頂いた。

優しそうなおじさん(マスター)と、感じのいいその娘さんとでやっているようだ。

お客さんも、なじみのお客さんばかり。

・・・といっても、今はとてもすいている。


初めての一人旅


ここはビルの3階。

ちょっと、わかりにくい。

一回、前を素通りしてしまった。

地図どおりに行こうとしたら随分時間がかかりそうだ。

もう、自分流にブラブラ歩いて回ろうと思う。

(くたびれもうけを承知して)

見れなかったところは、この次の為に残しておこう。

もうすぐ5時。

兼六園、回れるだろうか・・・?



初めての一人旅

ローレンスのおねえさん

ゆっくりと、落ち着いたしゃべり方が特徴のほっそりしたおねえさん。

初めは、マスターの歳の離れた奥さんかなっと思った。

ストレートな長い髪と化粧っ気の無い顔。

年齢不詳。

細く長い脚がうらやましい。



ちなみに五木寛之は「蒼ざめた馬を見よ」の直木賞受賞の連絡を

この店で受けたそうである。

その時の写真も飾られていた。



次回につづく



今日は随分長くなってしまいました。

お付き合いくださった皆様、どうもお疲れ様でした。

続きもお楽しみに~!(*´▽`*)




ランキングに参加しております。
よかったら、ポチッと押してくださいね~!^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます。私も朝市へ行った事があります。蟹・・・・とか・・・からすみ風とか海産物が目に付いて買いたいけど、まだ旅の途中だったので諦めた記憶がありました。輪島塗もいいのですがお高い・・・食べ物も記憶ノミあります。兼六園も行きましたよ。春だったので桜とかが綺麗でした・・・・。
イラストが凄くいいね。写真より鮮明に記憶が蘇ってきますね。
続きが楽しみです。
もしかしたら、この話が私の過去になってしまう・・・そんな気持ちになりました。
No title
輪島の朝市は思い出が有ります
七尾の叔父の家から朝早く車で輪島に出かけ身に連れて行ってもらい
そこで輪島の藁草履を・・朝一今は七尾も日帰りで行くので輪島まで足を延ばさない時間を作って行きたくなりました
ピーちゃんこさん、コメントありがとうございます!
ピーちゃんこさんは桜の季節に行かれたんですね。
良い季節ですよね。
私が行ったときは、どこを見ても銀世界の真冬。
観光客もとても少ない淋しい季節でした。

私の大昔の話を楽しみに読んで下さって、とっても嬉しいです!(*´▽`*)

amesyoさん、コメントありがとうございます!
amesyoさんにとっても、輪島は思い出深いところなんですね。

また行きたくなった・・・って仰っていただいて嬉しくなりました。(*´▽`*)

No title
こんばんは~。
初めての一人旅は期待と不安でいっぱいの旅だったのでしょうか・・。
懐かしいでしょうね。
スケッチブックを持って旅に出るってカッコいいですね♪
昔から絵を描くのがお好きだったのですね。

一人って誰かに合わせなくていいから気ままな旅が出来そう。
北陸新幹線がもうすぐ開通しますね。
私も北陸に行きたくなりました。(^-^)

うに子さん、コメントありがとうございます!
うに子さん、私のノスタルジーな旅日記を読んで下さってありがとうございます!(*´▽`*)

一言で「旅」と言っても、いろいろな旅がありますよね。
誰かと行く旅も楽しいけれど・・・
団体旅行やパック旅行も楽ちんでいいけれど・・・
旅した時の気持ちや風や空気や匂いや・・・
五感で感じられる想い出が残るのは、やっぱり一人旅なのかもしれません。

若い時は、もしかしたら今より勇気があったような気がします。
また、昔のような一人旅がしてみたいけれど・・・
おばさんになって「楽ちん」に慣れてしまって・・・ダメですね~(´・ω・`)
No title
挿し絵も上手ですね。やっぱりお若い時から
芸術センスをお持ちなのですね。
旅が終わる時ってなんだか寂しいですよね。
帰るときはどんな気持ちだったのかなぁ。
ahooさん、コメントありがとうございます!
ahooさん、いつも読んでくれてそして感想までくれて、とっても嬉しいです!

誰かに見せるために描いた絵ではないので、本当に恥ずかしいのですが・・・

私はahooさんの描く絵がすごく好きなんですよ。
また時々描いて見せて下さいね!

帰る時はどんな気持ちだったのかなぁ・・・

私の一人旅日記、もう少し続きます。
また良かったらご同行お願いしますね!

プロフィール

ぐうたらかあさん

Author:ぐうたらかあさん
愛知県在住の粘土作家。
数年ぶりに粘土制作を再開しました。

趣味は奏生(かない・ギターのようなもの)の弾き語りと太極拳。
猫3匹、カメ2匹と共に暮らすぐうたらな主婦です。


おうちの猫ちゃん、ワンちゃん、トリさんお作りします!
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね!

♪♪~リンクはフリーですよ~♪♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

わが家の猫たち

ミケ 16才 女の子
わが家で生まれた初めての猫。2度の出産経験あり。気位が高く女王様タイプで、他の猫には決して気を許さない。2014.8.7 天国にお引越し
こうめ 12才 女の子
わが家で生まれたがミケとは赤の他猫。狩りの名人(名猫?)でヤモリから鳩の子まであらゆる種類の生き物を獲ってくる。
その反面、人間に対しては甘え上手の癒し系。
ロビン 12才 男の子
こうめと一緒にわが家で生まれたが、マリンと共に2ヶ月頃から里親さんの家で育つ。里親さんの事情により5歳の頃わが家に戻って来た。
体はでかいが小心者の甘えん坊。だっこが大好き!
マリン 12才 女の子
ロビンと一緒に5歳の頃わが家に戻って来た。遊び好きでネズミのおもちゃが大好き。こうめに似て甘え上手の癒し系。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。